開催日時   2013年3月2日(土)
                第1部 愛知県予算案説明会 13:30〜14:50
                第2部 研修会          15:00〜16:30

      会  場   キャッスツプラザ

3月2日(土)の午後から 名古屋市内のホテルにてフォーラム愛知の春期セミナーを開催いたしました。昨年まで愛知県予算案説明会として開催しておりましたが、本年よりリニューアルし、2部構成の春期セミナーとして開催することとなりました。
1部には例年にならい愛知県予算案説明会を行い、2部の研修会には明治大学大学院教授で元東京副都知事の青山氏を講師にお迎えし、ご講演をいただきました。

 第1部 「愛知県予算案説明会」
        講師 愛知県総務部財政課 酒井寿幸課長補佐

 愛知県総務部財政課より酒井寿幸課長補佐を講師としてお招きし、平成25年度予算や重点施策、市町村に関する予算の概要の説明をしていただきました。
1. 元気な経済・産業・地域づくり
2. 安全で災害に強い地域づくり
3. 環境首都あいちづくり
4. 安心できる健康・医療・福祉社会づくり
5. 教育・文化立県あいちづくり
6. 地域の潜在力を引き出す社会基盤づくり
7. 自立・分権・協働の行財政体制づくり
の「7つ柱の」を重点施策とし、とくに愛知県の特色である「物づくり」を中心に地域を活性化させるとともに、引き続き「防災」に力を入れる傍ら、「医療」「福祉」も充実させる。そして環境対策(自然エネルギー)問題などにも取り組むとのこと。

 第2部 「大都市行政のガバナンスとは−東京都政の経験から」
        講師 青山やすし 明治大学公共政策大学院教授・元東京副都知事

 第2部には元副都知事で現在は明治大学大学院教授の青山先生にお越しいただき、副都知事の経験から大都市行政のガバナンスについてご講義いただきました。とは言え、非常に広範囲に渡るため、特に「社会福祉」や「雇用」、「貧困問題に絞ってお話しをいただきました。
また今日、全国で社会問題となっている「いじめ問題」については、「教員が父母からのクレーム対応に追われ過ぎている。非常勤やパート教員ではなく、常勤教員を増やし、教員がもっと個々の子ども達と向き合う時間を増やすことが必要である」と、ご指摘をいただきました。
冗談を交えつつ、 大変解り易いご講演の中に時折厳しいご指摘をされる独自の持論を展開されました。

                               

「活動報告」へ戻る